calendar

S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      
<< December 2017 >>

categories

archives

PVアクセスランキング にほんブログ村

35年の歴史を持つ「八老劇団」がサントリー地域文化賞受賞(大阪)

0
    大阪府八尾市で35年前に発足した高齢者劇団『八老劇団』
    2008年7月に「第30回サントリー地域文化賞」を受賞され、
    昨日、その記念公演と祝賀パーティーに行ってきました。

    hachiro-1
    60歳以上の八尾市民が全員集まったかのように賑やかで、すっかり「地域の顔」に。

    『八老劇団』は、2004年の夏、
    管理人が初めて出会った
    高齢者劇団です。
    主宰・浜田澄子さんは、八尾市市会議員ですが、
    笑いのセンスがプロ並み(八尾の上沼恵美子さんだと管理人は思っています)の方です。
    30代の頃から現在まで
    劇団をひっぱってこられました。
    大変残念なことに、昨年、92歳の看板女優Mさんが亡くなられ、
    団員の平均年齢は、77歳から71歳へ
    若返ったとのこと。
    Mさんの声を今でも覚えていますが、最後までこの世を楽しみ尽くして逝かれたこと信じています。

    今回の演目は、ちょっと変わった『浦島太郎』。
    八尾市の結婚式場「大黒殿」の庭を竜宮城に見立てた舞台は
    視界360度の大ステージとなりました。

    竜宮城へ(舞台)向かう漁師が花道で振り返り、観客の方をみて、
    「イワシの大群だぁ〜」と・・・
    そういえば太陽に照らされ
    シルバーに輝く観客のみなさんの頭、頭、頭

    失礼ながら、うまい表現に吹き出してしまいました。
    観客を巻き込むのがうまいですね!

    hachiro-2
    派手、賑やか、サービス満点、みていると小さなことを気にするのがバカバカしくなります。

    緊張で台詞を忘れた団員。
    後ろで黒子の浜田座長が台詞を教えると
    絶妙の表情と「間」「顔なじみがおったから・・・」とひとこと。
    「ぼやき」などふんだんに使われていて、
    「鰯」たちも大いに笑わせてもらいました。

    玉手箱開けると歳をとるのでなく、若返るという結末。
    よくみると箱からは、サントリーのビールやサプリメントが
    出てくるなどスポンサーへのサービスも満点です。

    hachiro-3

    浜田座長はじめ、劇団員一人ひとりが
    「河内」の味
    を出し切っておられるところも、
    評価ポイントにつながったかと思います。

    第30回サントリー地域文化賞のパンフレットにある
    石毛直道氏(国立民族学博物館名誉教授)の選評に
    素晴らしいことが書いてあったので、抜粋します。
    へェ〜と思ったらクリックお願いします!→→→ にほんブログ村 演劇・ダンスブログ 演劇・ダンス情報へ
    続きを読む >>