calendar

S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      
<< December 2017 >>

categories

archives

PVアクセスランキング にほんブログ村

【東京】東京ノーヴィ・レパートリーシステムがシニアのための附属スタジオ開設に向けてメンバーを募集中!

0
    東京ノーヴイ・レパートリーシアター」が、シニア対象の附属スタジオ開設に向けて始動しています。このスタジオは、スクールと劇場を併設し、演劇について学びながら、作品を作り、公演を行おうというもの。すでに、2008年9月〜11月に開催した『レオニード・アニシモフの50歳以上の方々の為の演劇ワークショップ』受講生のうち、数名が作品作りを希望されています。スクールは定員に達したら、第1回の募集を締め切る予定です。

    へェ〜と思ったらクリックお願いします!→→→ にほんブログ村 演劇・ダンスブログ 演劇・ダンス情報へ
     スタジオ最大の特徴は、母体の「東京ノーヴィ・レパートリーシアター」と同様、自分自身の「人生経験」を役作りに生かす「スタニスラフスキー・システム」を採用していることです。スタニスラフスキー・システムとは、ロシアの演出家・コンスタンチン・スタニスラフスキーが提唱し、20世紀の演劇論に多大な影響を与えた古典的な俳優のトレーニング法のひとつ。俳優自身の体験や役の内的な動きを重視し、よりリアルな演技を目指します。

    keiko
    これまでの人生を深くじっくりと振り返り、創作活動に生かしたい人におすすめです。


     専門性が高いため、「私にできるかしら」と心配される方がいらっしゃるかもしれません。しかし、シニア対象の附属スタジオは、「演技のうまい人」を求めているのでもなければ、演技力を向上する目的で創設されるわけではありません。それよりも、それぞれの人生経験を引き出しながら「役になる」ことを通じて、その人の意識や考え方の可能性を開いていくことを最も重視しています。

     このため、演劇の稽古一般で行われる「発声練習」や「ストレッチ」などはありません。精神的なトレーニングが中心です。登場人物のおかれた状況に類似した過去の体験を思い出し、相手の表情や周囲の音、空気などすべて具体的にした上で「あの時、こう思った」「相手に、こうして欲しいと思っていた」とその時の自分の感情を再体験するのです。

     昨年のワークショップ受講生からは「台本にしたがって、自分の経験を思い出すことで、これまで何げなく過ごしてきたことに改めて気が付きました」「再体験することで、感情が復活したり、その時には気づかなかったことに気づいたりできました」など。中には、トレーニングにより、心を自由に解放することができることから「当分の人生の目標は、心の鎧を取り去ることに決めたわ!」と宣言される方もいるそうです。

    ani
    「アニシモフさんは無邪気で少年のよう。稽古場には笑いが絶えません」(スタッフ)


     指導は、スタニスラフスキー・システムの研究者でもあるロシア人の演出家・レオニード・アニシモフさんとスタニラフスキー・システムを実践している現役の俳優4名が担当します。アニシモフさんは、1993年モスクワ芸術座の舞台で上演された『どん底』(作・ゴーリキー)により「ロシア功労芸術家」の称号を与えられ、ウスリースク市立ドラマシアター芸術監督を勤めています。日本では1993年『夢、クレムリンであなたと』(木山事務所)で文化庁芸術最優秀賞受賞。2006年より、東京ノーヴイ・レパートリーシアターの芸術監督に就任しました。

    「経験によって創造する」スタニラフスキー・システムでは、経験が豊かであればあるほど、多彩でその人にしかできない個性的な表現が生まれます。そうした実感のこもったシニア役者の演技を通して、生きることの素晴しさが観客に伝えられるのです。

    「演劇は演劇そのものが目的でなく、自己完成に向かうひとつの方法。精神的に成長していくことです」」(アニシモフさん)
    「いくつになっても、純化された芸術にふれることで新しい自分の可能性が開いていきます。100歳の方にも、ぜひ体験していたただきたい。」(浜中さん) 

     様々な経験を持つ中高年の場合は、アニシモフさんのいう精神性や哲学への理解も早く、「死に対する考え方が変わった」という感想も聞かれます。また、自分の経験を生かした役作りを重ねることで、日常生活においても、他人が理解しやすくなり、結果的にコミュニケーションが円滑に図れ、過剰にいらだつことも少なくなるようです。

    tsuyaku
    通訳は、俳優でNHK教育TV「ロシア語会話」出演経験のある上世博及さん。日本語で指導が受けられます。


    「自分の中に入り混じる、多種多様の個性。表に出せなかった方が多いのでは?一つひとつ過去を紐解くことは、上質の癒しケアにもなりそうですね(管理人)」

    ◆募集要項◆
    資格:50歳以上の男女。俳優経験は問いません。
    レッスン日程:
    4月 21日(火)、23日(木)曜、27日(月)、30日(木)
    5月 12日(火)、14日(木)、18日(月)、21日(木)、25日(月)、28日(木)
    時間:11時〜14時30分(3時間30分)
    ※見学 1日 3,500円(定員5名 要予約)
    場所:東京ノーヴイ・レパートリーシアター劇場
    (小田急・京王 下北沢駅より徒歩3分)
    東京都世田谷区北沢2‐13‐6第1マツヤビル3階
    (一階はダイコクドラッグストア)
    受講料:45,000円(お支払方法は、追って連絡致します)

    東京ノーヴイ.レパートリーシアター(←クリック)
    申込・お問合せ:シニアワークショップ係 (担当 三浦・菅澤)
    TEL/FAX  03-5453-4945
    Mail info@tokyo-novyi.com


    演劇をやることで自分をみつめなおしてみたい
    深い癒しに包まれたい方、
    いずれかクリックよろしく!

    ↓↓↓

    コメント
    コメントする