calendar

S M T W T F S
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< January 2018 >>

categories

archives

PVアクセスランキング にほんブログ村

「キャラを発見してもらえる」

0
    中高年になると、遅かれ早かれ「これまでの人生」を振り返ります。
    「よくやってきた」と思える人はいいですが、
    「私の人生、たったこれだけ?」と感じる人も少なくないでしょう。
    その時、思い浮かべるのは、大抵、会社員であったり、母親であったり、
    他人に説明しやすい自分の姿ではないでしょうか?

    へェ〜と思ったらクリックお願いします!→→→ にほんブログ村 演劇・ダンスブログ 演劇・ダンス情報へ
    しかし、長く生きていると、外向けの自分がつくられていくのに並行して、
    単純に説明することもできず、また、自分ですらよくわからない、
    思考や感情、感覚の「断片」
    のようなものが、
    自分の内部に蓄積しているのではないでしょうか?
    実は、それも「人生経験」で、シニアの人たちは、たくさん持っていると私は思います。

    これまでの蓄積された何ものかが、演出家によって発見され、
    これをもとに新たな存在が創造される。
    シニア演劇の役者さんは、よく「別人を演じることが楽しい」といわれますが、
    別人を演じるというよりも、ずっと閉じこめてられていたものが
    「日の目を見る」
    喜びではないかと思います。





    コメント
    コメントする








       
    この記事のトラックバックURL
    トラックバック