calendar

S M T W T F S
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
282930    
<< June 2020 >>

categories

archives

PVアクセスランキング にほんブログ村

【宮城・仙台市】エル・パーク仙台で、楽塾『寺山修司の『女の平和』〜不思議な国のエロス〜』5/6

0
    エル・パーク仙台で、東京のシニア劇団「楽塾」の公演があります。GWの東京公演ではあっという間に早々にチケット完売した人気作。めったにないチャンスですので、シニア演劇ファンの皆さんに一度は足を運んでいただきたいと思います。



    【仙台公演】 2014年5月6日(火)
    エル・パーク仙台 スタジオホール
    開演時間 13:30 16:30
    チケット(日時指定 全席自由)
    前売券2,500円 当日券2,800円

    【チケット取り扱い】
    https://www.quartet-online.net/ticket/raku-sendai2014

    【流山児★事務所+楽塾】
    ー寺山修司没30年記念認定事業ー
    「寺山修司の『女の平和』〜不思議な国のエロス〜」
    作:寺山修司(未上演戯曲・世界初演)
    原案:アリストパネス
    構成・演出:流山児祥

    【出演】
    いそちゆき、川本かず子、桐原三枝、河内千春、小森昌子、阪口美由紀、杉山智子、関口有子、
    高野あっこ、内藤美津枝、二階堂まり、西川みち子、みかわななえ、宮沢智子、村田泉、めぐろあや
    /ラビオリ土屋、後藤英樹、柏倉太郎、五島三四郎、山下修吾/流山児祥

    【スタッフ】
    音楽監督:関口有子 照明:ROMI
    美術・舞台監督:小林岳郎
    音響:畝部七歩 衣裳:堀内真紀子
    振付・合唱指導:宮川安利
    演出助手:佐原由美 舞台監督助手:艶嬢さとみ
    宣伝美術:山中桃子+サワダミユキ
    ヘア・メイク:青木砂織
    制作:米山恭子・荒木理恵・楽塾

    【あらすじ】
    男ってどうして戦争が好きなんでしょう。夫を、息子を、父を、兄弟を、恋人を殺される女にとって、こんなに悲しくばかげたものはありません。長く続く戦争を女の力でやめさせることはできないものか。そう、“あれ”です。“あれ”を決してさせないのです。そうすれば男はきっと戦意喪失、戦争なんかやってられなくなるでしょう。これは女同士の約束、何があっても破ってはだめよ。さて、本当に平和はやってくるのでしょうか。

    【解説】
    『女の平和』は紀元前411年に古代ギリシャ・アテナイで上演されたアリストパネスの喜劇で、今なお世界中で上演されている「「非戦の為のセックス・ストライキ」を描いた不朽の名作です。『不思議な国のエロス』は1965年浅利慶太の依頼で寺山修司が日生劇場のために書き下ろした「テラヤマ版女の平和」といえる作品ですが、当時『オンディーヌ』のロングラン上演により未上演戯曲となってしまいました。今回はこの作品を日本の時代劇ミュージカルとして再構成し、全編を彩る数々の合唱曲で反戦平和を希求します。

    ■楽塾(らくじゅく)とは?■
    「ひとは元気で楽しいものを見ると元気で楽しくなる」をモットーに創立17年目を迎える中高年演劇のパイオニア=楽塾です。平均年齢61歳のフツーの人々による演劇運動は日本全国に「新しい演劇」の潮流を生み出しました。昨年は、カナダ・ヴィクトリア国際演劇祭に参加、ベストアンサンブル賞を受賞し、そのパワーはとどまるところをしりません。

    【お問い合わせ】
    流山児★事務所(りゅうざんじ じむしょ)
    http://www.ryuzanji.com/
    162-0045 東京都新宿区馬場下町60-307
    TEL03-5272-1785 FAX03-3205-9170
    mail@ryuzanji.com
    へェ〜と思ったらクリックお願いします!→→→ にほんブログ村 演劇・ダンスブログ 演劇・ダンス情報へ

    コメント
    コメントする








       
    この記事のトラックバックURL
    トラックバック