calendar

S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
<< November 2017 >>

categories

archives

PVアクセスランキング にほんブログ村

【海外公演報告】楽塾が『楽塾歌舞伎★十二夜』でカナダの演劇祭・ビクトリアフリンジに参加しました

0
    JUGEMテーマ:趣味

    chirashi

    「楽塾」がカナダのビクトリア演劇祭に参加し、8月27日から9月1日までの6公演を行いました。作品は、楽塾の代表作の『楽塾歌舞伎☆十二夜』(原作・シェイクスピア、演出・流山児祥)。海外公演は、結成16年目にして初めてです。

    楽塾って何?という方はこちらを!
    http://www.ryuzanji.com/r-raku.html

    楽塾が公演した劇場「Metro Studio」のサイト
    http://www.metrostudiotheatre.com/

    metoro

    メトロへもこの衣装で

    hanten

    半纏姿で「和」をアピール

    当日は、楽塾12名に、演出家・流山児祥さんと事務所のスタッフ合わせて20名が参加。楽塾が所属する「流山児★事務所」は、これまでにもビクトリアフリンジに参加した実績があり、昨年は「花札伝綺」という作品で「Pick of Fringe Award」を受賞していました。それだけに、現地での期待も大きかったようです。演劇のまちだけに楽塾の舞台に対しても、反応がよかったようです。

    「私たちが動くたびに、客席から笑いと拍手がドッと起こり、フィナーレのサンバでは、客席も一体となってノリノリの手拍子。カーテンコールはスタンディングオーベーション。『自分たちが楽しむぞ』というエネルギーに満ち満ちていて、芝居を楽しむってこういうことなんだなと教えられました」(出演者の声)

    最終日に行われた結果発表で楽塾は、フリンジに参加した55組中10組が選ばれる「Pick of Fringe Awards」のひとつ「ベストアンサンブル賞」を受賞。観客一人ひとりが投票する1-5の採点表の合計点で決まったそうです。

    ryusan

    楽塾の主宰・演出家の流山児祥さん

    jusyo

    受賞をよろこぶ楽塾の面々

    フェイスブックにも写真がたくさん載っていますよ!
    https://www.facebook.com/Ryuzanji

    ・・・・・・・・・・・・・・・
    以下、主な劇評(訳文もありますのでぜひ、ごらんください)

    (英文はこちらから転載)
    http://misakichi4.exblog.jp/20995961/
    (訳文はこちらから転載)
    http://ryuzanji.eplus2.jp/article/374363510.html

    CVV magazine Aug 28, 2013

    Tokyo’s acting company RAKUJUKU wows with a Japanese twist on The Twelfth Night. Imagine William Shakespeare sporting a Mohawk and kimono while singing retro tunes. This over-the-top play is a glittering whirlwind of pure fun, but diehard Shakespeare fans take heed: Judging from the audience, you will either fall in love with stars in your eyes… or slide down in your chair.

    A stick of theatrical dynamite, this dazzling retelling has a game-show feel and captures the topsy-turvy spirit of Twelfth Night with verve. Yukihime replaces Viola as the shipwrecked heroine and pines for the Duke of Kinomoto. You also get three fools for the price of one and a wealth of dancing and sword fighting. Much of the cast is female, perfect for the cross-dressing story. The actors are also mainly senior citizens which made my jaw drop - they have the hyperactive energy of ten-year-olds on pixie sticks.

    Using few props and set pieces, this production is all expression, choreography, and costume. The actors sparkle in the spotlight in fabulous kimonos, and poor Marui Sandayu (the Japanese Malvolio) gets tricked into yellow sequins like Big Bird at a disco. If you’ve never seen a Twelfth Night Samba before, you should.

    A subtitled show, you risk missing some of the awesome action on stage while reading. Still, the players handle the cultural crossover with great wit, and West Coast allusions make you feel at home. Whether you follow it all or not, you will be swept up in this visual and musical party.

    東京の劇団・楽塾が、日本版「十二夜」を上演して絶賛されている。

    モヒカンや着物を粋に着こなしレトロなメロディを口ずさみながらのシェイクスピアを想像してみてください。このド派手な芝居はキラキラ輝き、竜巻となって純な喜びを運んでくる。しかし、変化を好まず従来のものを死守したいシェイクスピアのファンは深刻に受け止めるだろう。観客を見まわしてみて判断すると、すっかり舞台に惚れこんでしまうか・・椅子に深く体を埋めてしまうかどちらかだろう。

    演劇のダイナマイトのようなこの眩い楽塾版の舞台はゲームショウのような感覚を持ち十二夜の倒錯した精神を情熱と活力でしっかり捕えている。ヴァイオラは雪姫と名前を変え、難破した船から生き残り、紀の本の国の領主に恋をする。道化は1人ではなく3人にも増えているし、また、素晴らしいダンスや立ち回りも見ることができる。役者のほとんどは女性で、それがこの男女が入れ替わる物語にぴったりである。役者はほとんどが中高年であるということで、私は驚愕してしまった。彼らは甘いお菓子を食べて元気いっぱいの10歳の子どものようなドでかいエネルギーを持っている。

    セットや小道具はほとんど無しで、すべて表現力、ダンスの振り、衣裳で見せている。役者たちは豪華な着物を着てスポットライトに輝く。マルボーリオに当たる丸井三太夫はうまく嵌められて黄色のスパンコールを身につけ、まるでディスコのBIG BIRD のようだ。

    字幕のあるショウでは、読んでいるうちに素晴らしい動きを見逃してしまう恐れもあるが、役者たちは文化的違いをうまく工夫で乗り越え、西海岸の我々もほっとした気分で見られるようになっている。ちゃんとついていけても行けなくても、この視覚的にも素晴らしい音楽溢れるパーティに取り込まれていくことだろう。

    記事のあるページ
    http://cvvmagazine.com/leah-callen-double-header-twelfth-night-promise-promiscuity/

    THE CRAIG

    A delightful take on this Shakespeare farce resplendent with a 14 member cast, costuming and great joy in the singing, dancing & acting. The english surtitles are an amusing Japanese interpretation of the original to english bullet points. Well worth the cheap Fringe price to see as this is really mainstream theatre fare. We loved Hanafuda Denki last year too! Domo arrigato, Rakujuku.

    このシェイクスピアの笑劇が魅力的な解釈の演出で演じられ、14人の役者がすてきな衣裳、楽しい歌・踊り・演技で魅力的な舞台を創っている。英語字幕も、オリジナルを日本版にしたその解釈を生かしてうまく訳し面白いものとなっている。演劇作品としてまさに主流である作品をこの安いフリンジ価格で見られるのはかなりお得である。我々は去年の『花札伝綺』も大好きだった!どうもありがとう、楽塾。

    記事のあるページ
    http://victoriafringereviews.wordpress.com/shows-o-z/twelfth-night-in-kabuki-style/

    The Marble: Matt’s Review

    The Rakujuku theatre company, to paraphrase a friend, is a theatre monster who eagerly devours its audiences. While their latest Fringe offering Twelfth Night in Kabuki Style isn’t as zany a creature as last year’s Hanafuda Denki, its teeth are just as sharp. You’ve seen Shakespeare done in many ways, but you’ve probably never seen something quite like this.

    Let me give you an idea of what you’re in for. You enter the theatre to a deceptively bare stage. Mere moments after the lights go down the void instantly transforms into a human kaleidoscope and sugar-coated delight. Actors garbed in every color of the rainbow rush around the stage to create ocean waves using only a series of small painted fans. Before the first few minutes are over, the action has moved effortlessly through singing, dancing, multiple costume changes and acrobatics. The fourth wall has been broken, smashed and pulverized. Just as you’re thinking “They can’t possibly top themselves,” you’re proven very wrong.

    There is such a unity of movement in the cast, it knocked my pants off. Like some magnificent hive-mind, the cast moves smoothly from scene to scene, never breaking a sweat. With 14 members, it’s easily the largest cast in this year’s Fringe and I’d be hard pressed to say that any performed better than the whole. My personal favorite had to be Aya Meguro’s Malvolio who came across as this bizarre and wonderful hybrid of Hitler and Toshiro Mifune.

    While 2012’s Hanafuda Denki was a rip-roaring Dr. Seuss inspired acid trip, Twelfth Night in Kabuki Style is far more a repurposing of the original play via Japan. I have to say, Shakespeare’s comedy fits very nicely into the framework of this neo-kabuki group, albeit a few hours shorter. The cast is almost entirely made up of female performers (with two exceptions). This may be a nod to female kabuki theatre, but even if it wasn’t, the gender swapping adds so much to the play’s theme of mistaken identity.

    The more I write means the longer you’re stuck here reading, potentially missing your chance to see this wonderful production. I shall say no more. Go see Rakujuku’s production of Twelfth Night in Kabuki Style.

    29 August 2013

    友だちとでも言うべき演劇集団「楽塾」はその活力で観客を巻き込んでしまう「演劇怪物(モンスター)」である。彼らの今回のフリンジ作品『十二夜in Kabuki Style』は去年の『花札伝綺』ほど、不条理でバカバカしい面白さを持つものではないが、その牙は、同様にしっかり尖っている。みなさんは様々な形でのシェイクスピアを観てきていると思うが、おそらくこんなシェイクスピアは観たことがないだろう。

    どんなに普通と違うのかちょっと述べてみよう。まず劇場に入ると、なあんだと思うほど何もない素舞台である。明りが消えるとあっという間にそこは人間万華鏡と甘美な喜びで満ち溢れる。役者たちがあらゆる色彩の衣裳を纏って舞台を駆け巡り、小さな絵柄入りの扇だけを使って海の波間を創り出すのだ。最初の数分の間で、すでに観客は、流れるような踊り、歌、衣裳の変化、アクロバティックな動きを楽しむ。観客と舞台を遮る壁は壊され潰され消えてなくなり、もうこれで終わりかと思っていると更に次々と展開していき皆さんは嬉しい誤算を楽しむことになる。

    役者たちの動きには素晴らしい統一感があり、私はかなりの衝撃を受けた!素晴らしい蜂の集団のように場面から場面へとなめらかに紡いでいく。14人のメンバーというのは今年のフリンジでもちろん最大の人数であり、どの役者が一番とはとても言い難く、全体がどの個人にもまして素晴らしい。全く個人的にはヒトラーと三船を奇妙にすてきに掛け合わせたようなマルボーリオのめぐろあやがお気に入りだったが。

    2012年の『花札伝綺』は喧騒・統制不能・興奮・・でドラッグのトリップのようだったが、十二夜は原作を、日本という国を通してしっかり独自の物に創り変えている。

    シェイクスピアの喜劇はこのネオ歌舞伎集団の2、3時間分も短くまとめた作品にまさにぴったりとはまっていると言わざるを得ない。役者は二人を除いて女性で、女歌舞伎もいいね!と言えるのではないか。まあもしそうでないとしても、女性が男性役も演じていることが、この取り違えの喜劇を更に面白くしている。

    記事のあるページ
    http://marblevictoria.com/post/59714977386/twelfth-night-in-kabuki-style-matts-review
    へェ〜と思ったらクリックお願いします!→→→ にほんブログ村 演劇・ダンスブログ 演劇・ダンス情報へ

    【海外公演報告】発起塾がエディンバラ・フェスティバル・フリンジ 2013に参加しました

    0
      全国6拠点で中高年を対象としたミュージカル劇団を運営しているNPO法人発起塾。スコットランドで開催される世界3大演劇祭「エディンバラ・フェスティバル・フリンジ」に参加されたたレポートをいただきました。

      「海外公演はこわいものでも、遠いものでもなく、思ったより気軽ですよ」(スタッフ)
      みなさんもチャレンジしてみませんか?

      ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
      エディンバラ・フェスティバル・フリンジ 2013
      に参加してきました

      毎年8月にスコットランド・エディンバラで開催される世界3大演劇祭「エディンバラ・フェスティバル・フリンジ」に参加してきました。本フェスティバルは、約1ケ月間で2800団体が出演するという大きな演劇祭で、日本からは10団体ほどが今年は参加していました。今回の大きな目的は、2日間に渡る劇場公演と現地のデイサービスセンターでの公演です。
      ご報告したいことはたくさんあるのですが、詳しい模様は、発起塾のホームページをご覧ください。

      HPの真中の下のほうにあります
      http://www.hokkijuku.net/

      エディンバラ・フリンジというと演劇人の憧れの演劇祭であります。遠くは寺山修司さんの「天井桟敷」も参加されていました。これを読んで「発起塾ってすごいな〜」と思うかもしれません。そんなことはありません。私たちはC−venusという劇場で公演したのですが、この劇場は日本の団体さんが多く出演されている劇場なので、親切です。全ての確認事項が英文でくるのは大変でしたが(YAHOO翻訳が助かりました)、いろんなことがシステム化されてますので、照明はこんなんじゃなきゃくダメだ!とか舞台は絶対組みたい!とかこだわりがなければ、とてもやりやすいと思いました。もし今後、シニア劇団の方でエディンバラ演劇祭に参加したいな〜と思われましたら、ぜひお気軽にお聞きください。なお公演について、いろいろ書くより、演劇祭のHPに書き込みされていたお客様からの感想が的確にこの公演を表現してくれていると思いますので転記させていただきます。

      (訳文は下のほうにあります)
      I have to be very clear to the people who is choosing this venue, this is not for the faint hearted or who expects sort after performance. "Densetsu" is put on by Japanese over 50's performing group. The word "chaos" describe the experience of watching over 50's members sing and dance in front of you. Their move is not fluid and some actors cannot remember the lines or their choreographies, over looking fellow performer with what to do next or relies on to the "helper" character who dressed in all black to blend into the stage background who holds script and give support when actor gets in pickles on stage. Their amateurish miss happening on stage and confusion is what made it so fun to watch and my eyes were wet with tears, don't know if that was because it was tears of joy or pain. They came all the way to Edinburgh to put on their show for only two days in Fringe festival. If Fringe is anyone to enjoy, they definite deserves the opportunity to put their show on stage. At the end of today's show, I noticed some actors are welling up with tears. I cannot but wish when I get to their age, I would like to enjoy my life as much as they have done today. Feel charitable when you are going to watch their last performance tomorrow, be generous of your criticism, after all they are just have great fun, and so do you too. Brave and courageous actors of "Hokkijuku", well done.


      「シンデレラ」劇場公演の1シーン。シンデレラ役はその日みにきていただいた80歳の現地の方です。


      「ストリートパフォーマンス」お客様の足をとめて、ビラを配って、劇場公演の宣伝をしています。忍者(スコットランドでも有名らしい)効果かたくさんの方が足をとめてくれました。


      「撮影大会」花魁や腰元などの日本風に興味を示してくれるので、思いっ切ってお客様にきてもらって一緒に写真をとろう!!ということにしました。急きょ・・・大変喜んでもらえました。


      私はここの開催地に来る人達にはっきりと言っておきたいのですが、ここはおそるおそる演じるところでもないし、演じた後びくびくしたりするところではありません。
      "Densetsu"(伝説)は、50歳以上の日本人の劇団のみなさんによって演じられます。 50歳以上の劇団員の人達があなたの目の前で、歌ったり踊ったりするのは"chaos"(カオス・・・混沌としたという意味です)という表現がぴったりするかもしれません。 彼らの動きは、決して流暢とは言えず、セリフを忘れたり、ふりつけを間違ったりする人たちも何人かいますが、全員の演技やセリフを言うのを助ける役割を担うヘルパー(黒子のこと)が、黒装束に身を包んで舞台に溶け込むように、背後で台本を持って立っていて役者がセリフを忘れたりするとサポートしています。彼らの素人っぽいミスや ステージ上でのハプニングは見ていて、とってもおかしくて、ふと気がつくと私は涙を流していました。おかしくって笑いすぎた涙か、ちょっとほろっときて流した涙か、よくわかりませんが・・・・彼らはたった2日だけFringe Festivalで公演するために、はるばる遠方からエジンバラに来てくれました。Fringeを楽しみたいという人は、ぜひ彼らのショーを見てください。今日のショーの終わりに、何人かの役者の人達が目にいっぱい涙をためていることに気が付きました。私は、私が彼らの年齢になったとき彼らが、今日やったように、人生を楽しみたいと思わずにはいられません。明日彼らの最後の公演を見る時は、寛大な気持ちになって、やさしさを感じてください。彼らは、演じることを心から楽しんでいて、あなたたちも、きっと、思いっきり楽しくなります。 
      勇敢で度胸のある「発起塾」のみなさん、お見事!!!(すばらしい出来でした!)
      へェ〜と思ったらクリックお願いします!→→→ にほんブログ村 演劇・ダンスブログ 演劇・ダンス情報へ

      | 1/1PAGES |