calendar

S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< September 2017 >>

categories

archives

PVアクセスランキング にほんブログ村

ドキュメンタリー映画『このゆびとまれ』観てきました

0

     劇団「すずしろ」、ニューヨーク公園までの道のりを描いたドキュメンタリー映画『このゆびとまれ』を観てきました。日本では、かんじゅく座の『粒より花舞台』につづく、2つ目のシニア劇団のドキュメンタリー映画ではないでしょうか?(他にあれば、ぜひお知らせください info@s-geki.netまで)

    60歳以上のシニア劇団が、どういう経緯でニューヨーク公演に行くことになったのか。反対する団員、行けなかった団員の様子もちゃんとおさえてありました。また、彼らが英語でセリフをいうことがどれだけ大変なことか。このあたりは、とくに若い人にみていただきたいなあ。

    「ニューヨーク公演で何が心配ですか?」というたずねられ、「そりゃあ、誰か死んだりしないかということです」(言葉は微妙に違うかもしれませんが)と答えた劇団のG.M.秋田さんに客席は大爆笑!

    「死について語る」ことをタブーにしない。高齢社会でとっても大切な価値観になっていくと思います。

    全編にわたり、いいたいことをいいあうシニアの皆さんをみているのが爽快!老若男女関係なく、元気になりたい人におすすめです。明日7日もあります。まだの方は、ぜひどうぞ!

    『このゆびとまれ』HP
    http://www.suzushirodaikon.com/


    面白そうだなと思った方は
    いずれかクリックよろしく!
    ↓  ↓  ↓  ↓  ↓

    へェ〜と思ったらクリックお願いします!→→→ にほんブログ村 演劇・ダンスブログ 演劇・ダンス情報へ

    楽塾みてきました

    0
      GWは、恒例の「楽塾」。千秋楽を観劇しました。
      今年は、『宇宙下町大戦争の巻〜もーれつア太郎〜』
      (原作:赤塚不二夫、脚本:佃典彦、演出:流山児祥)
      でした。

      漫画の劇場版は、
      漫画の時点で、キャラがはっきりと
      かき分けられているだけに、
      劇場版になったとき、役者に個性がないと
      ピンボケしてしまうのでは
      ないかと思います。

      しかし、楽塾の場合は個性派役者揃いで、
      原作を超えるほどの濃厚キャラが作られていました。
      最初に、すべての役者さんが登場しましたが、
      普通に出てくるだけで、もう皆さんおかしい。
      存在感だけで笑わせるって
      なかなかできることではありません。
      (メイクもよかった!神様役などは、
      全身でアメ食い競争やったみたいな
      粉っぽい白さで、私の目がかすんだのかな
      と思いました!)

      戯曲は、ア太郎はじめ
      登場人物のキャラを活かしつつも
      全くのオリジナル(たぶん)。
      でも、はちゃめちゃでありながらも、
      人情ベースが貫かれて、
      そう、まさに「ア太郎」そのもの。
      そこにアニメでイヤミなどの声を担当されていた
      俳優・声優の肝付兼太さんが出演され、
      赤塚さんの世界観がグッと深まります。
      正真正銘本物の「シェー」が
      何回もみることができ感激でした。

      シニア劇団といえば、
      介護や認知症などこの世代の抱える
      リアルな問題をストーリー化し
      観る人に共感を与えるものが主流です。

      楽塾の場合は、
      ストーリーによって
      観客に何かを訴えるというのではなく、
      中高年の役者さんたちが身体をはって
      「人間って、壊れて、自由になれば、
      すごく、気持ち良くなれるもんなのよ」
      っていうのをみせつけてくれる芝居。
      戯曲も演出も、役者さんたちの魅力を
      掘り起こせるものが求められます。

      「ここまでやれるんだ」(これでいいのだ)
      という感動&憧れが、劇場を出る時
      観る人の力に変わっているんですよね。

      毎回、みなさん限界まで出し惜しみなし、
      どこまでいくのか、楽塾!
      それにしても最高齢の女優さんは70歳なのに、
      団員の中で一番若い・・・楽塾の謎です。

      来年創立15周年になる2012年の
      GW公演は「高円寺2」であるようです。


      観た方、観に行きたかった方、
      次回は観るぞという方は
      いずれかクリックよろしく!
      ↓  ↓  ↓  ↓  ↓

      へェ〜と思ったらクリックお願いします!→→→ にほんブログ村 演劇・ダンスブログ 演劇・ダンス情報へ

      | 1/1PAGES |