calendar

S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
<< November 2017 >>

categories

archives

PVアクセスランキング にほんブログ村

倉品淳子演出、福岡で話題を呼んだあの『よろぼし』が再演(東京)

0
    山の手事情社の俳優・倉品淳子さんが
    構成・演出した『よろぼし』(原作・三島由紀夫)が、
    2008年12月21-23日、世田谷「松陰コモンズ」
    にて再演されました。

    へェ〜と思ったらクリックお願いします!→→→ にほんブログ村 演劇・ダンスブログ 演劇・ダンス情報へ

    『楽塾歌劇★十二夜』みてきました(東京)

    0
      12ya-1
      お芝居はひとつの贈り物。あったか〜い気持ちになれ素敵なXmasでした

      楽塾」(←クリック)のクリスマス
      特別公演『楽塾歌劇★十二夜』を観劇してきました。
      物語はシェイクスピアの喜劇『十二夜』を下敷きに
      「楽塾版」として書き換えられたもの。
      演出の流山児祥さんは「是非、海外でもやりたい」
      いっておれらます。

      観るたびに好きになる楽塾。
      小劇場でシニア演劇をみてると、顔は笑っていても
      「ああ、本番だ。がんばらなきゃ」とか
      「不安だなあ」とか、俳優さんの緊張感が伝わってきて
      こっちの方が、手に汗握る感じになるんですが。

      楽塾の方々は、一人ひとりが堂々としていて、迫力を感じます。
      「私たちのお芝居をみてください」・・ではなく
      「おいでよ。絶対楽しませてあげるから」と誘ってくれる。
      構えが違うんです。
      これぞ!大人の芝居。


      12ya-3
      左:時姫(オリヴィア)役の川本かず子さんと右:雪之丞(セバスチャン)役の杉山智子さん。
      ラブシーンもあるんですよ〜。


      楽塾では、今年、5年ぶりに新人を募集され、
      女優5人、男優2人の計7人が入団。
      今年の夏、お披露目発表会もありました。
      管理人も拝見し、新人とは思えないパワー
      濃いーーっ個性に圧倒されました。
      その時、流山児さんも「新人の勝ちやな」(時を経て、関西弁になっていますが、同様の意味のこと)と
      おっしゃっていたと記憶しております。

      ところが、どっこい!
      今回は、ベテラン女優さんたちの巻き返しか
      魅せる、魅せる、魅せるー。
      「うまさ」を超える「おかしさ」。
      ここまで出せる??
      お一人おひとりの、表現力の豊かさに満腹です。

      12ya-2
      左:丸井三太夫(マルヴォーリオ)役いそちゆきさん。後ろの柘植の木:真ん中がめぐろあやさん、両端が新人のみかわななえさんと吉田和子さん。ベテランと新人のコラボレーション。もう、笑いっぱなしでした。

      表情やしぐさ、動きなど、長年積み重ね、体にしみついたもの。
      その人の歴史だし「存在そのもの」だと思います。
      そこが大事にされ、しかも磨きがかかっている。

      スピード感のある歌劇、流れ、間、リズム、
      バランスが、とてもシビアに計算されているのと対照的に、
      女優さんたちのそんな個性が
      よい意味での「隙」をつくり、
      観ているほうにも「隙」ができ、
      思わず、心をつかまれてしまいます。ひょっとしてこれも計算?

      12ya-4
      左:鮫蔵(アントニオ)役の新人・阪口美由紀さん。奥は、雪丸(ヴァイオラ)役の桐原三枝さん。

      「家では母、妻をやり、社会に出ればそれぞれの立場があって、プロの役者さんのようにはいきません。『私は役者』と言うのに『照れ』もあります」(7年やっている桐原さん)

      この普通の感覚、謙虚な気持ちが素敵な芝居を
      創っているのだと思います。
      へェ〜と思ったらクリックお願いします!→→→ にほんブログ村 演劇・ダンスブログ 演劇・ダンス情報へ

      35年の歴史を持つ「八老劇団」がサントリー地域文化賞受賞(大阪)

      0
        大阪府八尾市で35年前に発足した高齢者劇団『八老劇団』
        2008年7月に「第30回サントリー地域文化賞」を受賞され、
        昨日、その記念公演と祝賀パーティーに行ってきました。

        hachiro-1
        60歳以上の八尾市民が全員集まったかのように賑やかで、すっかり「地域の顔」に。

        『八老劇団』は、2004年の夏、
        管理人が初めて出会った
        高齢者劇団です。
        主宰・浜田澄子さんは、八尾市市会議員ですが、
        笑いのセンスがプロ並み(八尾の上沼恵美子さんだと管理人は思っています)の方です。
        30代の頃から現在まで
        劇団をひっぱってこられました。
        大変残念なことに、昨年、92歳の看板女優Mさんが亡くなられ、
        団員の平均年齢は、77歳から71歳へ
        若返ったとのこと。
        Mさんの声を今でも覚えていますが、最後までこの世を楽しみ尽くして逝かれたこと信じています。

        今回の演目は、ちょっと変わった『浦島太郎』。
        八尾市の結婚式場「大黒殿」の庭を竜宮城に見立てた舞台は
        視界360度の大ステージとなりました。

        竜宮城へ(舞台)向かう漁師が花道で振り返り、観客の方をみて、
        「イワシの大群だぁ〜」と・・・
        そういえば太陽に照らされ
        シルバーに輝く観客のみなさんの頭、頭、頭

        失礼ながら、うまい表現に吹き出してしまいました。
        観客を巻き込むのがうまいですね!

        hachiro-2
        派手、賑やか、サービス満点、みていると小さなことを気にするのがバカバカしくなります。

        緊張で台詞を忘れた団員。
        後ろで黒子の浜田座長が台詞を教えると
        絶妙の表情と「間」「顔なじみがおったから・・・」とひとこと。
        「ぼやき」などふんだんに使われていて、
        「鰯」たちも大いに笑わせてもらいました。

        玉手箱開けると歳をとるのでなく、若返るという結末。
        よくみると箱からは、サントリーのビールやサプリメントが
        出てくるなどスポンサーへのサービスも満点です。

        hachiro-3

        浜田座長はじめ、劇団員一人ひとりが
        「河内」の味
        を出し切っておられるところも、
        評価ポイントにつながったかと思います。

        第30回サントリー地域文化賞のパンフレットにある
        石毛直道氏(国立民族学博物館名誉教授)の選評に
        素晴らしいことが書いてあったので、抜粋します。
        へェ〜と思ったらクリックお願いします!→→→ にほんブログ村 演劇・ダンスブログ 演劇・ダンス情報へ

        『若大将と駆け抜けた青春〜それぞれの50年』(千葉)

        0
          waka2
           8月24日、さわやかちば県民プラザで『若大将と駆け抜けた青春〜それぞれの50年』(作・演出:見上裕昭)が上演されました。約500席のホールは、ほぼ満席。入口付近で「こんにちは」と松戸高校演劇部部員の皆さんが明るく出迎えてくれます。ワークショップの講師・見上裕昭さんは、同校教諭で演劇部顧問といこともあり、発表会は、中高年受講生と演劇部部員との共演という位置づけとのこと。舞台裏では異世代交流でお互いに刺激しあったそうです。
          へェ〜と思ったらクリックお願いします!→→→ にほんブログ村 演劇・ダンスブログ 演劇・ダンス情報へ

          アトリエ劇研シニア劇団 水組を見学(京都)

          0
            アトリエ劇研シニア劇団は、参加者本位の運営がなされていて、
            動機に合わせ選択できるよう、目指すものも指導者も異なる
            2つのクラスが設置されています。
            へェ〜と思ったらクリックお願いします!→→→ にほんブログ村 演劇・ダンスブログ 演劇・ダンス情報へ

            楽塾08夏「新人お披露目」ワークショップ発表会(東京)

            0
              楽塾5年ぶりに新人募集し、
              昨夜、そのワークショップ発表会を観劇しました。

              へェ〜と思ったらクリックお願いします!→→→ にほんブログ村 演劇・ダンスブログ 演劇・ダンス情報へ

              エルダーキャッツ『よっこらしょ』(香川)

              0
                エルダーキャッツ」の第9回公演『よっこらしょ』(作・演出:大西恵)を観てきました。
                へェ〜と思ったらクリックお願いします!→→→ にほんブログ村 演劇・ダンスブログ 演劇・ダンス情報へ

                発起塾おおさか(大阪)

                0
                  大阪、和歌山、京都、広島、神戸、東京に拠点を持つ、
                  中高年のためのミュージカル劇団「NPO法人発起塾」
                  先日、天満橋のドーンセンター
                  で行われている「発起塾おおさか」
                  の稽古場におじゃましました。
                  メンバーは女性が大半
                  で、ダンスや歌、芝居をまるで
                  女学生のように
                  楽しんでおられたのが印象的でした。

                  へェ〜と思ったらクリックお願いします!→→→ にほんブログ村 演劇・ダンスブログ 演劇・ダンス情報へ

                  楽塾『ぜ〜んぶ書きかえたロール・プレイン・ザ・バグ』(東京)

                  0
                    楽塾」の『ぜ〜んぶ書きかえたロール・プレイン・ザ・バグ』を観てきました。
                    劇作家・北村想さんがご自身の作品を楽塾用にあてがきされたSFファンタジー。飛行機事故で生き残った11人が、砂漠だと思っていたらゲーム機の中だった?・・・・
                    詳しくは流山児事務所HPの「楽塾」を参照のこと。

                    へェ〜と思ったらクリックお願いします!→→→ にほんブログ村 演劇・ダンスブログ 演劇・ダンス情報へ

                    すっごい演劇プロジェクト(福岡)

                    0
                      明治安田生命の社会貢献プログラム「エイブルアート・オンステージ」
                      として行われているお遊び助っ人企画・すっごい演劇プロジェクト』。
                      山の手事情社」所属の俳優・倉品淳子さんの指導のもと
                      60歳以上12人の女性が三島由紀夫の『弱法師(よろぼし)』に挑戦します。

                      「ちょうどいい時にこられました。これから通し稽古です」
                      と制作担当の森山淳子さん。
                      広めのLDKだが、いたって普通のマンション。
                      何かが起こりそうな気配はまったくありません。
                      へェ〜と思ったらクリックお願いします!→→→ にほんブログ村 演劇・ダンスブログ 演劇・ダンス情報へ
                      続きを読む >>

                      | 1/2PAGES | >>